長野おすすめ周辺観光 Nagano recommended sightseeing【長野の観光案内や特産品の自然食品を通販で販売している|株式会社はやし】

昼神温泉【長野の観光案内や特産品の自然食品を通販で販売している|株式会社はやし】

昼神温泉 ひるがみおんせん
南信州最大の温泉郷でもある昼神温泉郷は、昭和48(1973)年に発見された新しい温泉地で、長野県の西の玄関口、中央自動車道園原ICから約10分、また飯田ICからは約15分ほどの、交通が便利なところにあり、名古屋と新宿から高速バスが連絡しています。阿智川の清流をはさむように大小の温泉宿やホテルが軒を連ね、どこか懐かしい風情で訪れるものを優しく包み込んでくれます。四季折々に表情を変える豊かな自然は、温泉とともに疲れた心をそっとときほぐしてくれるはずです。昼神温泉郷の周辺には旧跡が点在し、たくさんの神話や伝説も残っています。遥か万葉の時代から歌に詠われ、かの源氏物語にもその名をとどめる古代東山道の神坂峠や園原の里も、温泉郷のほど近くにあります。心地よい温泉がある、美しい自然がある、浪漫あふれる歴史がある、そして村人の温かい人情がある。
”阿智村は癒しの里”
そして、日本人が忘れかけている心のふるさとでもあるのです。

昼神温泉の始まり

其の壱
昼神と日本武尊
大昔の事です。日本武尊がご東征の帰り途、伊那谷を通って園原の神坂峠へさしかかったとき、山と山に閉ざされて空もせまく、雲が幾重にも包んで、越す方法も知れませんでした。さすがの尊もしばらく手を組んで思案にくれていましたが、その時、悪事をなさる神が尊を苦しめようとして白鹿に化けて尊の前に立ちふさがったのです。尊は不思議に思いながら、口に噛んでいた蒜を鹿に投げつけました。それがちょうど鹿の目に当たって、鹿は死んでしまいました。ところがたちまち濃霧が巻き起こって、一寸先も見えなくなった時、一匹の白狗が現れて道に迷う尊を里へ導いてくれたのです。これ以来、神坂越えには蒜を噛んで通ると妖気に打たれる事がないと言われるようになりました。このことから「蒜噛」が、現在の「昼神」の語源になったという説があります。
其の弐
天八意思兼命
阿智神社に祀られているのは天八意思兼命ですが、その天八意思兼命は、「天の岩戸」にお隠れになった天照大神(あまてらすおおみかみ)を、岩戸の中から導き出す方法を考えて指示し、世の中に再び昼の明るさを取り戻させた智恵の神として知られています。信濃国阿智の里は、この神が天降りた地である、といわれるところから「昼神」と呼ばれるようになったとも伝えられています。また天八意思兼命は、「ものさし」の元をつくったことから、智恵と学問の神としても崇敬されています。

ココだけは覚えたい!! 昼神温泉のツボ

  • 季節ごとの旬の味覚や、阿智村ならではの特産品の数々が所狭しと並べられた名物・昼神の朝市。有機農法によって作られた新鮮な野菜や手作りコンニャク、漬物などの加工品、イナゴの佃煮、昔なつかしいお菓子、アイスクリーム、搾りたてのジュースなどなど。素朴なお土産はもちろん、おばちゃんたちとの楽しい会話も人気の秘密です。
    <開催時期>04月~10月/6:00~8:00 - 11月~03月/6:30~8:00
  • 美人の湯 昼神温泉 <良質の硫黄泉>●泉質/アルカリ性単純硫黄泉(無色透明)アルカリ性単純温泉(無色透明)●浴用効果/リウマチ性疾患・運動障害・しもやけ・創傷・糖尿病・月経異常など●飲用効果/糖尿病・痛風及び尿酸素質性中毒症・慢性便秘・リウマチ性疾患・慢性気管支炎など。

  • 駒つなぎの桜 源義経が奥州に下る時、馬をつないだといわれる一本桜です。春には美しい花に彩られます。樹齢400年~500年と推定される巨木で、水面に映る姿も美しく、毎年沢山の人が訪れます。 <見頃時期>4月中旬~4月下旬 <種類>エドヒガン 開花時の18:00~21:00までライトアップ
  • 暮白の滝 夕暮れに滝がほの白く見えることから"暮白の滝"とよばれるようになりました。滝見台の上から願いを込めて皿を投げると望みが叶うと言われています。 <皿投げ祈願>滝見台にて小皿を購入していただき、願い事を小皿に書いた後、暮白の滝めがけて小皿を投げ入れます。皿の飛び方で運勢がわかる説明書きもあります。

  • 浪合神社 尹良親王御墓(宮内庁指定)神社の創建は室町時代に浪合村宮の原で戦死した尹良親王の霊を祀ったことがはじまりとされています。神社の敷地内に「尹良親王の御首を埋め奉った場所」と伝えられ、御墓が築かれています。
    親王は、南北朝動乱の時代、南朝勢力の挽回に奔走され、室町時代の応永31年(1424)8月15日、上野(群馬県)から三河国(愛知県)に赴く途中、浪合の地で北朝方の敵軍に襲われ戦死しました。知られています。信濃国阿智の里は、この神が天降りた地である、といわれるところから「昼神」と呼ばれるようになったとも伝えられています。また天八意思兼命は、「ものさし」の元をつくったことから、智恵と学問の神としても崇敬されています。